学園長ご挨拶

HOME > 片柳学園について > 学園長ご挨拶

「理想的教育は理想的環境にあり」の理念のもとに

21世紀は国の内外を問わず、社会が激しく複雑に変化する時代と予想されます。今後は前世紀に開発された科学技術がさらに高度化し、想像を絶する進展をすることでしょう。21世紀は科学技術の時代と言われるように、既にデジタルメディア技術とインターネットの普及は、社会と産業の構造にも画期的な変化をもたらしており、また、バイオテクノロジー・生命工学も、農業・医療・生活産業など各分野で実用段階に入りつつあります。さらにナノテクノロジーも従来の未知の領域に新しい科学のメスを入れる最先端技術として、長足の進歩を遂げつつあります。こうした科学技術の進化は、社会の変革をうながし、次なる新しい時代を創始しながら、前進を続けていくのです。

このような変革の時代に社会や産業は、創造的な技術者、幅広い人間性や専門性、国際性に富んだ多様な人材を求めています。本学園はこうした時代の要請に応えるべく、「理想的教育は理想的環境にあり」との、私の永年の理念に基づき、なお一層教育環境と教育設備の整備に努め、教育の充実に万全を期してまいります。そして、21世紀を担うにふさわしい人材を育成することで、従来にも増して高等教育機関としての社会貢献を果たして参る所存であります。

大望を抱く若者諸君が、本学園で大いに学び、青春を謳歌して実社会へ、世界へ、大きく飛躍されることを期待してやみません。

創設者 学園長・理事長
片柳鴻